脳とこころの病気と障害


 こころの病気や障害は、今の医学をもってしても血液検査や画像検査で迅速に診断できるものはまだ少ない状況にあります。そのため、診察の中でくわしく状態をお伺いさせて頂くことが必要になります。
 また「明らかに独立した1つの病気」というよりも、「たまたま同じ症状と経過であっても、実は様々な病態が混在したもの」と考えられるものが少なくありません。
 暫定的診断をすることで、見通しや今後の対策が立てやすくなるメリットがあります。デメリット(レッテル貼りだけになり逆に不安を与えてしまうなど)の点も踏まえつつ、丁寧な診察、ご説明をさせて頂ければと考えております。経過を追う中で診断が確定しましたら、その時点で再度病名のご説明とさせていただきます。


主な病気と障害

不眠症

(主な症状)
寝るための準備をしていても寝つきが悪い
途中で起きる
目覚めが早い
熟眠感がない
など
くわしくはこちら

うつ病

(主な症状)
気分が落ちこむ
やる気がなくなる
興味や関心がなくなる
訳もなく悲しい、虚しいと感じる
など
くわしくはこちら

双極性障害

(主な症状)
元気な時期と落ち込む時期を繰り返す、話がとまらなくなる、過剰な自信が出てきた、散財するようになる
など

適応障害

(主な症状)
現在の環境に上手く適応できずに、不安、不眠、うつ状態、混乱などのいろいろな症状が出ている
など
くわしくはこちら

社交不安症

(主な症状)
人と話すことに緊張する、手や声が震える、汗が出る、上手く話せない、人に注目されるのが苦手
など
くわしくはこちら

パニック症

(主な症状)
急な恐怖感とともに、心臓がドキドキする、呼吸が早くなる、めまい、自分が自分でない感覚がする
など
くわしくはこちら

強迫症

(主な症状)
強迫観念(ある考えが繰り返し頭の中に浮かぶ)を打ち消そうと、同じ行動を繰り返してしまう
など
くわしくはこちら

全般不安症

(主な症状)
そわそわして落ち着かない
特に心配なことがなくても、一日中緊張したり不安だったりする
など
くわしくはこちら

摂食障害

(主な症状)
太ることへの恐怖感が強く体重が減少していく拒食症
食べることでストレスを発散を発散してしまう過食症
など

PMS

(主な症状)
月経前に身体症状および精神的に不快になる
情緒不安定になる
気分が落ちこむ
イライラする
など

更年期障害

(主な症状)
体のほてりなどの身体症状および精神的に不快になる
情緒不安定になる
気分がおちこむ
イライラする
など

身体表現性障害

(主な症状)
内科などで異常はないと言われたが、体調が悪い
周りの人にも理解してもらえない
など

ADHD(注意欠如・多動症)

(主な症状)
幼少期より症状がある
不注意が目立つ
忘れ物を繰り返す
落ち着きがない
衝動的に行動する
など
くわしくはこちら

ASD(自閉スペクトラム症)

(主な症状)
幼少期より症状がある
こだわりが強い
コミュニケーションが苦手
空気を読めない
など

統合失調症

(主な症状)
声が聴こえると感じている
悪く言われていると感じている
狙われていると感じている
幻聴や妄想があると言われる
など

アルツハイマー型認知症

(主な症状)
物忘れが出てきた
同じ話を繰り返す
同じ物ばかり買う
物を盗られたと思う
怒りっぽくなった
など


画像の説明